HOME > 法人概要
理事長 遠藤 進
学校法人 静岡理工科大学
常務理事
日本語学院 事業室 室長
遠藤 進

ごあいさつ

新しい時代に向けて、新しい日本語教育を。

浜松日本語学院・沼津日本語学院は、日本の真ん中に位置する静岡県にあります。静岡県は、「ヤマハ」「スズキ」や自動車関連の大きな企業など機械産業の工業地でもあり、風光明媚な観光地でもあります。本校の教育目標は、日本の大学、大学院、専門学校等への進学を希望する外国の学生を受け入れ、日本での生活や日本語の学習を学生個々にきめ細かに指導する「面倒見の良い学校」です。特色は、本校が所属する学校法人静岡理工科大学のグループ力を活かした教育連携にあります。たとえば、同一校舎内にある専門学校のコンピュータ・グラフィックデザイン・CAD等の授業を自由に選択する「目的別授業システム」があります。また、合同で実施する遠足や球技大会など様々なイベントに参加し、日本人学生との交流を図ることで学生生活が日本語の実践的練習の場となる環境も整っています。進路決定には、日本留学試験や日本語能力試験の合格対策だけでなく、日本全国の難関大学の合格に向けた講座を多数用意しています。入学生の皆さんが、本校で学び、日本の大学・大学院あるいは専門学校に進学され、日本の会社でさらに研鑽を積んだり、母国の発展に貢献される姿を見ることは私どもの大きな喜びです。

浜松日本語学院 校長 竹下知宏 浜松日本語学院
校長 竹下知宏
沼津日本語学院 校長 渡邉尚明 沼津日本語学院
校長 渡邉尚明

建学の精神「技術者の育成を持って地域社会に貢献する」のもと歩み続ける静岡理工科大学グループ

静岡理工科大学グループ沿革

昭和15年 (1940) 5月 静岡県自動車学校開設。
昭和31年 (1956) 4月 静岡県自動車学校に整備科を設置。
昭和38年 (1963) 4月 静岡県自動車工業高等学校開校。
昭和45年 (1970) 7月 静岡県自動車学校から静岡産業技術専門学校を分離開設。
昭和52年 (1977) 6月 星陵高等学校がグループ校に加入。
昭和55年 (1980) 4月 静岡県自動車工業高等学校を静岡北高等学校に校名変更。
昭和58年 (1983) 4月 沼津情報専門学校開校。
昭和59年 (1984) 9月 静岡文化専門学校がグループ校に加入。
昭和60年 (1985) 4月 浜松情報専門学校開校。
平成2年 (1990) 7月 学校法人静岡県自動車学園より学校法人静岡自動車学園が分離。
平成2年 (1990) 12月 学校法人静岡県自動車学園を学校法人静岡理工科大学に改称。
平成3年 (1991) 4月 静岡理工科大学開学。
平成8年 (1996) 4月 静岡理工科大学に大学院を開設。
平成9年 (1997) 4月 静岡文化専門学校を静岡デザイン専門学校に校名変更。
平成20年 (2008) 4月 静岡インターナショナル・エア・リゾート専門学校、静岡デザイン専門学校  浜松校開校。
平成22年 (2010) 4月 静岡北中学校開校、 沼津情報専門学校を沼津情報・ビジネス専門学校に校名変更。
平成23年 (2011) 4月 星陵中学校開校。
平成23年 (2011) 4月 静岡デザイン専門学校浜松校を専門学校 浜松デザインカレッジに校名変更。
平成23年 (2011) 10月 浜松日本語学院開校 (収容定員100名)
平成26年 (2014) 4月 浜松日本語学院 収容定員増 (150名)
平成27年 (2015) 4月 浜松日本語学院 収容定員増 (225名)
平成29年 (2017) 4月 沼津日本語学院開校 (収容定員100名)
to the top
facebook